在留資格について


  • 就労ビザとは

    外国人を雇用する場合、必ず「就労ビザ」と呼ばれる日本で働くことが認められた「在留資格」が必要です。具体的には「技術・人文知識・国際業務」「技能」「教授」「芸術」「宗教」「報道」「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「興業」「企業内転勤」「外交」「公用」といった在留資格で、それぞれに規定された活動範囲内においてのみ就労活動が可能です。


  • 技術・人文知識・国際業務

    弊社がご紹介する人材の多くは「技術・人文知識・国際業務」(以下「技人国」)という在留
    資格(就労ビザ)を取得し就労します。「技人国」の在留資格を持つことによって、日本において行うことができる仕事は、一例としては機械工学等の技術者(エンジニア),通訳,デザイナー,企業の語学教師などが挙げられます。

    就労ビザの申請が可能な職種・業務かご不明な場合はお気軽にお問合せ下さいませ。